・湯のみとごはん茶わんの店『ほ+』に、
 やって来たくださった方々、ありがとうございます。
 開店して一日で、6割以上のお茶わんが売れました。
 わかってもらえてること、ほんとうにうれしいことです。
 ここであつかっている「茶わん」は、
 「商品」だけれども「作品」です。
 お金で買うことのできる「作品」というわけです。
 版画なんかと似たような性質のものかもしれません。

 同じようなものを、どこか人件費の低い国で、
 大量につくって売るということは、できないでしょう。
 それは、あくまでも「同じようなもの」ですから。
 もちろん「機能として、大きなちがいなんかない」です。
 そうです、100円のお茶わんでも、機能は同じです。
 そちらを選ぶ理由はいくらでもあります。
 ピンからキリまであるものの、
 どれにも存在理由はあると思います。
 
 ただ、「この人の、こういうものがいい」と、
 つくられた人やものに、共鳴するような感覚で、
 愛着を持ってつかったり、目でたのしんだりするには、
 ある程度以上の「作品性」がないとつまらないですよね。
 それは「品質」という、管理できるものとはちがう。
 好きな文章とか、好きな演奏とかのようなものかなぁ。
 
 そういう「愛着」に関わるようなものは、
 「商品」にはなり得るけれど、
 大量に複製をつくるための効率化がやりにくい。
 徹底的に「人の手」を要求するものです。 
 工業社会は、「人の手」を
 要らなくする方向に進歩してきたのですが、
 「作品」を生みだしたいという場合には、
 面倒で非効率であっても、「人の手」が必要なのです。
 つくられるべき「作品」が、人の手を求めている。
 そういうことなのだと思います。
 人の、手や、たましいというようなものが、
 じゃまにされずに歓迎されるのが、この世界です。
 スポーツとかアートと、とてもよく似ていますよね。
 ぼくがいま素朴な想像図を描いている
 「東北手工業地帯」のビジョンって、こういうものです。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
「ほぼ日」も、けっこう手工業的な要素に満ちております。

糸井重里

出典: 1101.com

Recent Posts

Loading...