ガイドの女の子に、オジサンもニコニコ。アメリカで急成長してるメンズファッションのネット通販、ボノボス。ザッポスみたいな接客が、実際の店舗でも。



アラフォーオヤジを元気にするファッション講座

遅ればせながら、献本感謝で、こんなレビューをAmazonに。

大人のための私服の教科書

メンズファッションというと、オシャレ大好きとは遠い生活の四十前オヤジは、気後れしてしまう。自分には、関係のない話だから・・・と。

でも、なんでいつもは、スーツでピシっと決まってる職場のオヤジが、休みの日に出てくると、残念なお父さんになってしまうのか?
ハタチ前後の頃に着ていた、ジーンズやキャップ、Tシャツは、アラフォーになるとダフ屋か縁日の屋台にしかみえないのか?
その疑問が、独自のメソッド、K値を使って説明されると、目からウロコでハッと気がつく。

身体と着こなしのトータルから考えるカッチリとした見た目のコーディネイト、K値で解説される講座形式の内容は、単なるマニュアル本ではなくて、自分のはたから見た目、客観的な視線を手に入れるガイド。
飲み会、外食、結婚式の二次会、デート、時と場所に応じたカッチリとした格好をすることで、キメすぎず、場違いでもなく、好印象なファッションを自分で工夫できるヒントがたくさん。

出典: amazon.co.jp


“なぜならおれは
すこしぐらゐの仕事ができて
そいつに腰をかけてるやうな
そんな多数をいちばんいやにおもふのだ
もしもおまへが
よくきいてくれ
ひとりのやさしい娘をおもふやうになるそのとき
おまへに無数の影と光の像があらはれる
おまへはそれを音にするのだ
みんなが町で暮したり
一日あそんでゐるときに
おまへはひとりであの石原の草を刈る
そのさびしさでおまへは音をつくるのだ
多くの侮辱や窮乏の
それらを噛んで歌ふのだ
もしも楽器がなかったら
いゝかおまへはおれの弟子なのだ
ちからのかぎり
そらいっぱいの
光でできたパイプオルガンを弾くがいゝ”

宮沢賢治『春と修羅』第二集
告別



○片山甚市君 そこで、三月第一週で週刊誌にこれだけ出しています。(資料を示す)それでその各ページ数で言いますと二カ所ずつ、マイルドセブン、アメリカのたばこ、こういうことでそれぞれ出しておりまして、消費をあおるという形になっておる。さらに広告の規制ですと、三浦友和というのは少年のいわゆるアイドルではないんでしょうか。厚生大臣どうでしょう。

○国務大臣(森下元晴君) アイドルだと思います。

○片山甚市君 そうすると、これは「俺の赤」ということで、三浦友和の写真があって、これ吸っとるわけです。アイドルについては御承知のように広告の対象にしてはいかぬと、こうなっておるんです。青少年のアイドルである場合にはしちゃいかぬと書いてありますが、これは専売公社どういうふうにお考えですか。

○説明員(泉美之松君) 御存じのように、三浦友和はすでに結婚いたしておりまして、青少年のアイドルは卒業いたしております。

○片山甚市君 結婚をすればアイドルでないなどというのはそれはこじつけで、若い者はいかす男として、やはり山口百恵の亭主としては大変魅力的であります。あのようになりたいと思っている。そういうこじつけるところに泉総裁の言われる言葉の中にペテン的な隠し事があると思います。こういうことで、これも「現代」でこういうふうに出しておるということであります。

参議院会議録情報
第096回国会 予算委員会 第14号
昭和五十七年三月二十五日(木曜日)午前十時四分開会


・もともと誰が言ったことばなのかは知りませんが、
 「雨が降ったら傘をさすんです」って、
 たしか松下幸之助さんの講演録かなんかで知りました。
 そうかぁ、すっごいなぁと思いました。

 異常気象についてしゃべり出すのでもなく、
 天気予報の当たり外れを語りだすのでもなく、
 「まったくあいにくの雨で」と文句言うのでもなく、
 いつごろ止むんだろうと話し合うのでもなく、
 雨を研究しはじめたり雨の本を書くのでもなく、
 「傘をさして、どこへでも出かける」んですよね。

 つい、人って、雨にとらわれちゃうんですよね。
 雨そのものを見たり考えたりしちゃうんです。
 でも、雨だろうが、風だろうが、雪だろうが、
 やらなきゃならないことがあるなら、
 やりたいことがあるなら、
 それをしなきゃならないし、するべきでしょう。
 だったら、「傘をさすんです」よね。

 傘がない?
 買うなり、借りるなり、つくるなりしろよと。
 ちょっとくらいなら相合い傘で、行こうかね、と。
 ついでに言えば、動き回る用事がないのなら、
 室内で静かにしてたら、
 もともと雨なんか気にならないだろうし。

 「雨が降ったら傘をさすんです」と言いたいこと、
 あちこち、ずいぶんたくさんあります。
 そりゃぁね、「この問題が根本的に解決するまでは、
 ほんとうの解決にはならない」ということも、
 いくらでもあるでしょう。
 でも、腹が減ったら食うめしはどうするつもりか、と。
 「大問題が解決しないとすべては虚しい」わけじゃない。  
 どんな場所、どんな時代でも、
 いわばひどい土砂降りのなかでも、
 「やらなきゃならないこと」や「やりたいこと」を、
 やってきている人が、いるわけですよね。
 ぼく自身、とにかくこのことばには衝撃を受けました。
 傘や雨具をじゃんじゃんつくりたくなったものでした。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
いや、濡れるのが平気なら、傘なしでも歩いて行けますね。

糸井重里(今日のダーリン)

出典: 1101.com


Statement by Toru Hashimoto
橋下徹大阪市長「私の認識と見解」全文
(※ 英語版の下に日本語版)

Statement by Toru Hashimoto,
at The Foreign Correspondents’ Club of Japan
27 May 2013
Ideals and values on which I stand:
Today, I want to start by talking about my basic ideals as a politician and my values as a human being.
Nothing is more regrettable than a series of media reports on my remarks with regard to the issue of so-called “comfort women.” These reports have created an image of me, both as a politician and as a human being, which is totally contrary to my real ideals and values. This has happened because only a portion of each of my remarks has been reported, cut off from the whole context.
I attach the utmost importance to the universal values of human rights, freedom, equality and democracy, whose universality human beings have come to accept in the twenty-first century. As a constitutionalist, I also believe that the essential purpose of a nation’s constitution is to bind government powers with the rule of law and to secure freedom and rights of the people. Without such legal limitations imposed by the constitution, the government powers could become arbitrary and harmful to the people.
My administrative actions, first as Governor of Osaka Prefecture and then as Mayor of Osaka City, have been based on these ideals and values. The views on political issues that I have expressed in my career so far, including my view of the Japanese constitution, testify to my commitment to the ideals and values. I am determined to continue to embody these ideals and values in my political actions and statements.
As my ideals and values clearly include respect for the dignity of women as an essential element of human rights, I find it extremely deplorable that news reports have continued to assume the contrary interpretation of my remarks and to depict me as holding women in contempt. Without doubt, I am committed to the dignity of women.
What I really meant by my remarks on so-called “comfort women”
I am totally in agreement that the use of “comfort women” by Japanese soldiers before and during the World War 2 was an inexcusable act that violated the dignity and human rights of the women in which large numbers of Korean and Japanese were included. I am totally aware that their great pain and deep hurt were beyond description.
I also strongly believe that Japan must reflect upon its past offenses with humility and express a heartfelt apology and regret to those women who suffered from the wartime atrocities as comfort women. Our nation must be determined to stop this kind of tragedy from occurring again.
I have never condoned the use of comfort women. I place the greatest importance on the dignity and human rights of women as an essential part of the universal values in today’s world. It is extremely regrettable that only the cut-off parts of my remarks have been reported worldwide and that these reports have resulted in misunderstood meanings of the remarks, which are utterly contrary to what I actually intended.
We must express our deep remorse at the violation of the human rights of these women by the Japanese soldiers in the past, and make our apology to the women. What I intended to convey in my remarks was that a not-insignificant number of other nations should also sincerely face the fact that their soldiers violated the human rights of women. It is not a fair attitude to blame only Japan, as if the violation of human rights of women by soldiers were a problem unique to the Japanese soldiers. This kind of attitude shelves the past offenses that are the very things we must face worldwide if we are truly to aim for a better world where the human rights of women are fully respected. Sexual violation in wartime was not an issue unique to the former Japanese army. The issue existed in the armed forces of the U.S.A., the UK, France, Germany and the former Soviet Union among others during World War 2. It also existed in the armed forces of the Republic of Korea during the Korean War and the Vietnam War.
Against this historical background, I stated that “the armed forces of nations in the world” seemed to have needed women “during the past wars”. Then it was wrongly reported that I myself thought it as necessary for armed forces to use women and that “I” tolerated it.
It is a hard historical fact that soldiers of some nations of the world have used women for sexual purposes in wars. From the viewpoint of respecting the human rights of women, it does not make much difference whether the suffering women are licensed or unlicensed prostitutes and whether or not the armed forces are organizationally involved in the violation of the dignity of the women. The use of women for sexual purposes itself is a violation of their dignity. It also goes without saying that rape of local citizens by soldiers in occupied territories and hot spots of military conflict are intolerable atrocities.
Please do not misunderstand, and think that I intend to relativize or justify the issue of comfort women for former Japanese soldiers. Such justification has never been my intention. Whatever soldiers of other nations did will not affect the fact that the violation of the dignity of women by the former Japanese soldiers was intolerable.
What I really meant in my remarks was that it would be harmful, not only to Japan but also to the world, if Japan’s violation of the dignity of women by soldiers were reported and analyzed as an isolated and unique case, and if such reports came to be treated as common knowledge throughout the world. It would suppress the truth that the violation of the dignity of women by soldiers not only existed in the past but also has yet to be eradicated in today’s world. Based on the premise that Japan must remorsefully face its past offenses and must never justify the offenses, I intended to argue that other nations in the world must not attempt to conclude the matter by blaming only Japan and by associating Japan alone with the simple phrase of “sex slaves” or “sex slavery.”
If only Japan is blamed, because of the widely held view that the state authority of Japan was intentionally involved in the abduction and trafficking of women, I will have to inform you that this view is incorrect.
While expecting sensible nations to voice the issue of the violation of the dignity of women by soldiers, I believe that there is no reason for inhibiting Japanese people from doing the same. Because the Japanese people are in a position to face the deplorable past of the use of comfort women by the former Japanese soldiers, to express deep remorse and to state their apology, they are obliged to combat the existing issue of the violation of the dignity of women by soldiers, and to do so in partnership with all the nations which also have their past and/or present offenses.
Today, in the twenty-first century, the dignity and human rights of women have been established as a sacred part of the universal values that nations in the world share. It is one of the greatest achievements of progress made by human beings. In the real world, however, the violation of the dignity of women by soldiers has yet to be eradicated. I hope to aim for a future world where the human rights of women will be more respected. Nevertheless, we must face the past and present in order to talk about the future. Japan and other nations in the world must face the violation of the human rights of women by their soldiers. All the nations and peoples in the world should cooperate with one another, be determined to prevent themselves from committing similar offenses again, and engage themselves in protecting the dignity of women at risk in the world’s hot spots of military conflict and in building that future world where the human rights of women are respected.
Japan must face, and thoroughly reflect upon, its past offenses. Any justification of the offenses will not be tolerated. Based on this foundation, I expect other nations in the world to face the issue of the sexual violations in the past wars as their own issue. In April this year, the G8 Foreign Ministers in London agreed upon the “Declaration on Preventing Sexual Violence in Conflict.” Based on this accomplishment, I expect that the G8 Summit to be held in this June in Lough Erne, Northern Ireland, the UK, will become an important occasion where the leaders of G8 will examine how soldiers from nations in the world, including the former Japanese soldiers, have used women for sexual purposes, face and reflect upon the past offenses with humility, solve today’s problems in partnership with one another, and aim for the ideal future.
With regard to my remark in the discussion with the U.S. commander in Okinawa
There was a news report that, while visiting a U.S. military base in Okinawa, I recommended to the U.S. commander there that he make use of the adult entertainment industry to prevent U.S. soldiers from committing sexual crimes. That was not what I meant. My real intention was to prevent a mere handful of U.S. soldiers from committing crimes and strengthen the Japan-U.S. Alliance and the relations of trust between the two nations. In attempting to act on my strong commitment to solving the problem in Okinawa stemming from crimes committed by a minority of U.S. soldiers, I made an inappropriate remark. I will elaborate my real intention as follows.
For the national security of Japan, the Japan-U.S. Alliance is the most important asset, and I am truly grateful to contributions made by the United States Forces Japan.
However, in Okinawa, where many U.S. military bases are located, a small number of U.S. soldiers have repeatedly committed serious crimes, including sexual crimes, against Japanese women and children. Every time a crime has occurred, the U.S. Forces have advocated maintaining and tightening official discipline and have promised to the Japanese people that they would take measures to stop such crimes from occurring again. Nevertheless, these crimes have not stopped. The same pattern has been repeating itself.
I emphasize the importance of the Japan-U.S. Alliance and greatly appreciate the U.S. Forces’ contribution to Japan. Nonetheless, the anger of the Okinawan people, whose human rights have continued to be violated, has reached its boiling point. I have a strong wish to request that the U.S.A. face the present situation of Okinawa’s suffering from crimes committed by U.S. soldiers, and take necessary measures to alleviate the problem.
It is a big issue that incidents of sexual violence have frequently happened without effective control within the U.S. military forces worldwide. It has been reported that President Obama has shown a good deal of concern over the forces’ frequent reports of military misconduct and has instructed the commanders to thoroughly tighten their official discipline, as measures taken so far have had no immediate effect.
With all the above-mentioned situations, I felt a strong sense of crisis and said to the U.S. commander that the use of “the legally accepted adult entertainment industry in Japan” should be considered as one of all the possible measures. Even if there is no measure with an immediate effect, the current state of Okinawa should not be neglected. From my strong sense of crisis, I strongly hope that the U.S. army will use all possible measures to bring a heartless minority of soldiers under control. When expressing this strong hope, I used the phrase “the legally accepted adult entertainment industry in Japan.” When this phrase was translated into English, it led to the false report that I recommended prostitution—which is illegal under Japanese law. Furthermore, my remark was misunderstood to mean that something legally acceptable is also morally acceptable. Although the adult entertainment industry is legally accepted, it can insult the dignity of women. In that case, of course, some measures should be taken to prevent such insults.
However, I understand that my remark could be construed as an insult to the U.S. Forces and to the American people, and therefore was inappropriate. I retract this remark and express an apology. In conclusion, I retract my inappropriate remarks to the U.S. Army and the American people and sincerely apologize to them. I wish that my apologies to them will be accepted and that Japan and the United States of America continue to consolidate their relationship of alliance in full trust.
My real intention was to further enhance the security relationship between Japan and the United States, which most U.S. soldiers’ sincere hard work has consolidated, and to humbly and respectfully ask the U.S. Forces to prevent crimes committed by a mere handful of U.S. soldiers. My strong sense of crisis led to the use of this inappropriate expression.
In the area of human rights, the U.S.A. is one of the most conscientious nations. Human rights are among those values accepted throughout the world as universal. In order for human rights of the Okinawan people to be respected in the same way as those of American people are respected, I sincerely hope that the U.S. Forces will start taking effective measures in earnest to stop crimes in Okinawa from continuing.
About the Japan-Korea Relationship
The Japan-Korea relationship has recently gone through some difficult times. Underlying the difficulty are the issue of comfort women and the territorial dispute over the Takeshima Islands. Ideally, Japan and South Korea should be important partners in East Asia, as they share the same values of freedom, democracy, human rights, and the rule of law. I believe that a closer relationship based on greater trust between Japan and South Korea would contribute to the stability and prosperity of not only East Asia but also the world.
One of the points of tension is that concerning wartime comfort women. Some former comfort women in Korea are currently demanding state compensation from the Japanese government.
However, the Treaty on Basic Relations between Japan and the Republic of Korea and the Agreement on the Settlement of Problems Concerning Property and Claims and on Economic Co-operation between Japan and the Republic of Korea, both signed in 1965, have officially and decisively resolved any issues of claims arising from the war, including the right of individual persons to claim compensation. Japan has also performed its moral responsibility with the establishment of the Asian Women’s Fund, and it paid atonement money to former comfort women even after the resolution of the legal contention with the treaties.
The international community has welcomed the Asian Women’s Fund. A report to the Human Rights Committee of the United Nations welcomed Japan’s moral responsibility project of the Asian Women’s Fund. Mary Robinson, the second United Nations High Commissioner for Human Rights, gave the Fund a favorable evaluation. Unfortunately, however, some former comfort women have refused to accept the atonement money from the Asian Women’s Fund.
Japan has given significant importance to the Treaty on Basic Relations and the Agreement on the Settlement, both of which made final resolution of any legal contention in 1965, and Japan also sincerely faces, reflects on, and apologizes for its own wartime wrongdoings with feelings of deep remorse.
The whole situation poses a rending dilemma for us: how to make such a compensation that former comfort women would accept as our sincere remorse and apology, while also maintaining the integrity of the legal bilateral agreements between Japan and Korea.
The Korean government has recently claimed that interpretive disputes over the individual right of compensation for former comfort women in the Agreement on the Settlement still remain. I hope that the Republic of Korea, as a state governed by the rule of law, recognizes the legal importance of the above-mentioned agreements. If the Republic of Korea still believes that there exist interpretive contentions in the agreements, I think that only the International Court of Justice can resolve them.
One can hope that the same legal/rule-of-law stance is also observed in the resolution of the territorial dispute over the Takeshima Islands.
I firmly believe that neither hatred nor anger can resolve the problems between Japan and Korea. I firmly believe in the importance of legal solution at the International Court of Justice, which arena would allow both sides to maintain rational and legal argument while both maintain both respect for each other and deep sympathy to former comfort women.
I wish to express sincerely my willingness to devote myself to the true improvement of the Japan-Korea relationship through the rule of law.


○私の拠(よ)って立つ理念と価値観について
 まず、私の政治家としての基本的な理念、そして一人の人間としての価値観について、お話ししたいと思います。
 いわゆる「慰安婦」問題に関する私の発言をめぐってなされた一連の報道において、発言の一部が文脈から切り離され、断片のみが伝えられることによって、本来の私の理念や価値観とは正反対の人物像・政治家像が流布してしまっていることが、この上なく残念です。
 私は、21世紀の人類が到達した普遍的価値、すなわち、基本的人権、自由と平等、民主主義の理念を最も重視しています。また、憲法の本質は、恣意(しい)に流れがちな国家権力を拘束する法の支配によって、国民の自由と権利を保障することに眼目があると考えており、極めてオーソドックスな立憲主義の立場を採る者です。
 大阪府知事及び大阪市長としての行政の実績は、こうした理念と価値観に支えられています。また、私の政治活動に伴って憲法をはじめとする様々なイシューについて公にしてきた私の見解を確認いただければ、今私の申し上げていることを裏付けるものであることをご理解いただけると信じております。今後も、政治家としての行動と発言を通じて、以上のような理念と価値観を体現し続けていくつもりです。
 こうした私の思想信条において、女性の尊厳は、基本的人権において欠くべからざる要素であり、これについて私の本意とは正反対の受け止め方、すなわち女性蔑視である等の報道が続いたことは、痛恨の極みであります。私は、疑問の余地なく、女性の尊厳を大切にしています。
○いわゆる「慰安婦」問題に関する発言について
 以上の私の理念に照らせば、第二次世界大戦前から大戦中にかけて、日本兵が「慰安婦」を利用したことは、女性の尊厳と人権を蹂躙(じゅうりん)する、決して許されないものであることはいうまでもありません。かつての日本兵が利用した慰安婦には、韓国・朝鮮の方々のみならず、多くの日本人も含まれていました。慰安婦の方々が被った苦痛、そして深く傷つけられた慰安婦の方々のお気持ちは、筆舌につくしがたいものであることを私は認識しております。
 日本は過去の過ちを真摯(しんし)に反省し、慰安婦の方々には誠実な謝罪とお詫(わ)びを行うとともに、未来においてこのような悲劇を二度と繰り返さない決意をしなければなりません。
 私は、女性の尊厳と人権を今日の世界の普遍的価値の一つとして重視しており、慰安婦の利用を容認したことはこれまで一度もありません。私の発言の一部が切り取られ、私の真意と正反対の意味を持った発言とする報道が世界中を駆け巡ったことは、極めて遺憾です。以下に、私の真意を改めて説明いたします。
 かつて日本兵が女性の人権を蹂躙したことについては痛切に反省し、慰安婦の方々には謝罪しなければなりません。同様に、日本以外の少なからぬ国々の兵士も女性の人権を蹂躙した事実について、各国もまた真摯に向き合わなければならないと訴えたかったのです。あたかも日本だけに特有の問題であったかのように日本だけを非難し、日本以外の国々の兵士による女性の尊厳の蹂躙について口を閉ざすのはフェアな態度ではありませんし、女性の人権を尊重する世界をめざすために世界が直視しなければならない過去の過ちを葬り去ることになります。戦場の性の問題は、旧日本軍だけが抱えた問題ではありません。第二次世界大戦中のアメリカ軍、イギリス軍、フランス軍、ドイツ軍、旧ソ連軍その他の軍においても、そして朝鮮戦争やベトナム戦争における韓国軍においても、この問題は存在しました。
 このような歴史的文脈において、「戦時においては」「世界各国の軍が」女性を必要としていたのではないかと発言したところ、「私自身が」必要と考える、「私が」容認していると誤報されてしまいました。
 戦場において、世界各国の兵士が女性を性の対象として利用してきたことは厳然たる歴史的事実です。女性の人権を尊重する視点では公娼(こうしょう)、私娼(ししょう)、軍の関与の有無は関係ありません。性の対象として女性を利用する行為そのものが女性の尊厳を蹂躙する行為です。また、占領地や紛争地域における兵士による市民に対する強姦(ごうかん)が許されざる蛮行であることは言うまでもありません。
 誤解しないで頂きたいのは、旧日本兵の慰安婦問題を相対化しようとか、ましてや正当化しようという意図は毛頭ありません。他国の兵士がどうであろうとも、旧日本兵による女性の尊厳の蹂躙が決して許されるものではないことに変わりありません。
 私の発言の真意は、兵士による女性の尊厳の蹂躙の問題が旧日本軍のみに特有の問題であったかのように世界で報じられ、それが世界の常識と化すことによって、過去の歴史のみならず今日においても根絶されていない兵士による女性の尊厳の蹂躙の問題の真実に光が当たらないことは、日本のみならず世界にとってプラスにならない、という一点であります。私が言いたかったことは、日本は自らの過去の過ちを直視し、決して正当化してはならないことを大前提としつつ、世界各国もsex slaves、sex slaveryというレッテルを貼って日本だけを非難することで終わってはならないということです。
 もし、日本だけが非難される理由が、戦時中、国家の意思として女性を拉致した、国家の意思として女性を売買したということにあるのであれば、それは事実と異なります。
 過去、そして現在の兵士による女性の尊厳の蹂躙について、良識ある諸国民の中から声が挙がることを期待するものでありますが、日本人が声を挙げてはいけない理由はないと思います。日本人は、旧日本兵が慰安婦を利用したことを直視し、真摯に反省、謝罪すべき立場にあるがゆえに、今日も根絶されていない兵士による女性の尊厳の蹂躙の問題に立ち向かう責務があり、同じ問題を抱える諸国民と共により良い未来に向かわなければなりません。
 21世紀の今日、女性の尊厳と人権は、世界各国が共有する普遍的価値の一つとして、確固たる位置を得るに至っています。これは、人類が達成した大きな進歩であります。しかし、現実の世界において、兵士による女性の尊厳の蹂躙が根絶されたわけではありません。私は、未来に向けて、女性の人権を尊重する世界をめざしていきたい。しかし、未来を語るには、過去そして現在を直視しなければなりません。日本を含む世界各国は、過去の戦地において自国兵士が行った女性に対する人権蹂躙行為を直視し、世界の諸国と諸国民が共に手を携え、二度と同じ過ちを繰り返さぬよう決意するとともに、今日の世界各地の紛争地域において危機に瀕(ひん)する女性の尊厳を守るために取り組み、未来に向けて女性の人権が尊重される世界を作っていくべきだと考えます。
 日本は過去の過ちを直視し、徹底して反省しなければなりません。正当化は許されません。それを大前提とした上で、世界各国も、戦場の性の問題について、自らの問題として過去を直視してもらいたいのです。本年4月にはロンドンにおいてG8外相会合が「紛争下の性的暴力防止に関する閣僚宣言」に合意しました。この成果を基盤として、6月に英国北アイルランドのロック・アーンで開催予定のG8サミットが、旧日本兵を含む世界各国の兵士が性の対象として女性をどのように利用していたのかを検証し、過去の過ちを直視し反省するとともに、理想の未来をめざして、今日の問題解決に協働して取り組む場となることを期待します。
○在日アメリカ軍司令官に対する発言について
 また、沖縄にある在日アメリカ軍基地を訪問した際、司令官に対し、在日アメリカ軍兵士の性犯罪を抑止するために風俗営業の利用を進言したという報道もありました。これは私の真意ではありません。私の真意は、一部の在日アメリカ軍兵士による犯罪を抑止し、より強固な日米同盟と日米の信頼関係を築くことです。一部の在日アメリカ軍兵士による犯罪被害に苦しむ沖縄の問題を解決したいとの思いが強すぎて、誤解を招く不適切な発言をしてしまいましたが、私の真意を、以下に説明いたします。
 日本の安全保障にとって、米国との同盟関係は最も重要な基盤であり、在日アメリカ軍の多大な貢献には、本当に感謝しています。
 しかしながら、多くの在日アメリカ軍基地がある沖縄では、一部の心無いアメリカ軍兵士によって、日本人の女性や子どもに対する性犯罪など重大な犯罪が繰り返されています。こうした事件が起きる度に、在日アメリカ軍では、規律の保持と綱紀粛正が叫ばれ、再発防止策をとることを日本国民に誓いますが、在日アメリカ軍兵士による犯罪は絶えることがありません。同じことの繰り返しです。
 私は、日本の外交において日米同盟を重視し、在日アメリカ軍の日本への貢献を大いに評価しています。しかし、人権を蹂躙され続ける沖縄県民の怒りは沸点に達しているのです。在日アメリカ軍兵士による犯罪被害に苦しむ沖縄の現状をアメリカに訴え、何としてでも改善してもらいたい、という強い思いを持っております。
 アメリカ軍内部において性暴力が多発し、その統制がとれていないことが最近、アメリカで話題となっています。オバマ大統領もアメリカ軍の自己統制の弱さに相当な危機感を抱き、すぐに効果の出る策はないとしつつ、アメリカ軍に綱紀粛正を徹底するよう指示したとの報道がありました。
 このような状況において、私は強い危機感から、在日アメリカ軍司令官に対して、あらゆる対応策の一つとして、「日本で法律上認められている風俗営業」を利用するということも考えるべきではないかと発言しました。すぐに効果の出る策はないとしても、それでも沖縄の現状を放置するわけにはいきません。私の強い危機感から、ありとあらゆる手段を使ってでも、一部の心無い在日アメリカ軍兵士をしっかりとコントロールして欲しい、そのような強い思いを述べる際、「日本で法律上認められている風俗営業」という言葉を使ってしまいました。この表現が翻訳されて、日本の法律で認められていない売春・買春を勧めたとの誤報につながりました。さらに合法であれば道徳的には問題がないというようにも誤解をされました。合法であっても、女性の尊厳を貶(おとし)める可能性もあり、その点については予防しなければならないことはもちろんのことです。
 今回の私の発言は、アメリカ軍のみならずアメリカ国民を侮辱することにも繋(つな)がる不適切な表現でしたので、この表現は撤回するとともにお詫び申し上げます。この謝罪をアメリカ軍とアメリカ国民の皆様が受け入れて下さいます事、そして日本とアメリカが今後とも強い信頼関係を築いていけることを願います。
 私の真意は、多くの在日アメリカ軍兵士は一生懸命誠実に職務を遂行してくれていますが、一部の心無い兵士の犯罪によって、日米の信頼関係が崩れることのないよう、在日アメリカ軍の綱紀粛正を徹底してもらいたい、という点にあります。その思いが強すぎて、不適切な表現を使ってしまいました。
 アメリカは、世界で最も人権意識の高い国の一つです。そして、人権は世界普遍の価値です。アメリカ国民の人権と同じように、沖縄県民の基本的人権が尊重されるよう、アメリカ軍が本気になって沖縄での犯罪抑止のための実効性ある取組みを開始することを切に望みます。
○日韓関係について
 日本と韓国の関係は現在厳しい状況にあると言われています。その根底には、慰安婦問題と竹島をめぐる領土問題があります。
 日本と韓国は、自由、民主主義、人権、法の支配などの価値観を共有する隣国として、重要なパートナー関係にあります。日韓の緊密な関係は、東アジアの安定と繁栄のためだけでなく、世界の安定と繁栄のためにも寄与するものと信じています。
 現在、元慰安婦の一部の方は、日本政府に対して、国家補償を求めています。
 しかし、1965年の日韓基本条約と「日韓請求権並びに経済協力協定」において、日本と韓国の間の法的な請求権(個人的請求権も含めて)の問題は完全かつ最終的に解決されました。
 日本は、韓国との間の法的請求権問題が最終解決した後においても、元慰安婦の方々へ責任を果たすために、国民からの寄付を募り1995年に「女性のためのアジア平和国民基金(略称アジア女性基金)」を設立し、元慰安婦の方々に償い金をお渡ししました。
 このアジア女性基金を通じた日本の責任を果たす行為は、国際社会でも評価を受けております。国連人権委員会へ提出されたレポートもアジア女性基金を通じての日本の道義的責任を歓迎しています。また国連人権高等弁務官であったメアリーロビンソンさんも基金を評価しています。
 しかし、残念ながら、元慰安婦の一部の方は、このアジア女性基金による償い金の受領を拒んでおります。
 日本は過去の過ちを直視し、反省とお詫びをしつつも、1965年に請求権問題を最終解決した日韓基本条約と日韓請求権並びに経済協力協定も重視しております。
 日韓基本条約と日韓請求権並びに経済協力協定を前提としつつ、元慰安婦の方々の心に響く償いをするにはどのようにすればいいのかは大変難しい問題です。韓国政府は最近、日韓基本条約とともに締結された「日韓請求権並びに経済協力協定」における元慰安婦の日本政府への請求権の存否の解釈が未解決だと主張しております。韓国も法の支配を重んじる国でしょうから、日韓基本条約と日韓請求権並びに経済協力協定という国際ルールの重さを十分に認識して頂いて、それでも納得できないというのであれば、韓国政府自身が日韓請求権並びに経済協力協定の解釈について国際司法裁判所等に訴え出るしかないのではないでしょうか? その際には、竹島をめぐる領土問題も含めて、法の支配に基づき、国際司法裁判所等での解決を望みます。
 私は、憎しみと怒りをぶつけ合うだけでは何も解決することはできないと思います。元慰安婦の方の苦しみを理解しつつ、日韓お互いに尊敬と敬意の念を持ちながら、法に基づいた冷静な議論を踏まえ、国際司法裁判所等の法に基づいた解決に委ねるしかないと考えております。
 法の支配によって、真に日韓関係が改善されるよう、私も微力を尽くしていきたいと思います。

朝日新聞デジタル


Global Rich List

出典: globalrichlist.com



Prev 1 2 3 4 5