valedictorianjp:

バレディクトリアン®
スイスのクラフトマンシップをゴルフへ注いだ、
ハンドメイド・ラグジュアリーパター。

ハンドメイド・ラグジュアリーパターのバレディクトリアンは、5月15日(木)から日本国内で販売を開始します。また、本日(4月14日)、日本公式ホームページをオープンしました。販売店では、インターネットで予約販売の申込を受付しています。

バレディクトリアンは、スイスのジュネーブで、デザイナーのファビュアン・ミュラーが、ビジネスパートナーと2010年に設立したラグジュアリーパターメーカーです。スイスウォッチのフランク・ミュラーの創業家に生まれたファビュアン・ミュラーは、伝説的な時計師の父の才能を受け継ぎ、時計作りを学んだ後、ジュネーブの機械式時計とジュエリーの工芸をゴルフクラブへ昇華させて、ハンドメイドのラグジュアリーパターが誕生しました。

現在、ヨーロッパを中心に、中国や韓国で販売されていますが、2014年5月15日(木)から、日本での販売を開始します。本日(4月14日)から、販売店のインターネットのホームページで、予約販売の申込を受付しています。

私たちのパターはすべて、スイスのジュネーブで、時計師や宝石職人の技術によって、1本1本がハンドメイドで作られています。最上質の素材と宝石を使って、限定生産されるラグジュアリーパターは、高い競技性能と美しい仕上げで、これまでなかった体験を実現します。

バレディクトリアン®について
スイスのジュネーブで、2010年に設立されたハンドメイドのラグジュアリーパターメーカーです。限定生産されるパターは、ヨーロッパを中心に、中国や韓国で販売されており、このたび、日本での販売を開始します。
詳しい内容は、こちらの日本公式ホームページをご覧ください。
http://valedictorian.jp/

セブンデイズパドックについて
バレディクトリアンのパターを中心に、世界から最高のアイテムをそろえるゴルフストアです。5月15日(木)のバレディクトリアンの日本国内販売の開始にあたり、インターネットで予約販売の受付を行っています。
詳しい内容は、こちらのホームページをご覧ください。
http://7dp.jp/

バレディクトリアン®(VALEDICTORIAN®)は、Valedictorian SARL(スイス)の登録商標です。
バレディクトリアンのパターは、全米ゴルフ協会と英国ゴルフ協会の制定する規約に適合しています。


Wow, 55 million dollar watch!
世界で一番高い腕時計って、なんだかキャンディみたい。

Wow, 55 million dollar watch!
世界で一番高い腕時計って、なんだかキャンディみたい。



ひとが輝く美しい瞬間。自分自身の中の醜さと美しさの価値観、寛容と偏見を269秒の映像で、問いかけられる。


ガイドの女の子に、オジサンもニコニコ。アメリカで急成長してるメンズファッションのネット通販、ボノボス。ザッポスみたいな接客が、実際の店舗でも。



アラフォーオヤジを元気にするファッション講座

遅ればせながら、献本感謝で、こんなレビューをAmazonに。

大人のための私服の教科書

メンズファッションというと、オシャレ大好きとは遠い生活の四十前オヤジは、気後れしてしまう。自分には、関係のない話だから・・・と。

でも、なんでいつもは、スーツでピシっと決まってる職場のオヤジが、休みの日に出てくると、残念なお父さんになってしまうのか?
ハタチ前後の頃に着ていた、ジーンズやキャップ、Tシャツは、アラフォーになるとダフ屋か縁日の屋台にしかみえないのか?
その疑問が、独自のメソッド、K値を使って説明されると、目からウロコでハッと気がつく。

身体と着こなしのトータルから考えるカッチリとした見た目のコーディネイト、K値で解説される講座形式の内容は、単なるマニュアル本ではなくて、自分のはたから見た目、客観的な視線を手に入れるガイド。
飲み会、外食、結婚式の二次会、デート、時と場所に応じたカッチリとした格好をすることで、キメすぎず、場違いでもなく、好印象なファッションを自分で工夫できるヒントがたくさん。

出典: amazon.co.jp


“なぜならおれは
すこしぐらゐの仕事ができて
そいつに腰をかけてるやうな
そんな多数をいちばんいやにおもふのだ
もしもおまへが
よくきいてくれ
ひとりのやさしい娘をおもふやうになるそのとき
おまへに無数の影と光の像があらはれる
おまへはそれを音にするのだ
みんなが町で暮したり
一日あそんでゐるときに
おまへはひとりであの石原の草を刈る
そのさびしさでおまへは音をつくるのだ
多くの侮辱や窮乏の
それらを噛んで歌ふのだ
もしも楽器がなかったら
いゝかおまへはおれの弟子なのだ
ちからのかぎり
そらいっぱいの
光でできたパイプオルガンを弾くがいゝ”

宮沢賢治『春と修羅』第二集
告別



○片山甚市君 そこで、三月第一週で週刊誌にこれだけ出しています。(資料を示す)それでその各ページ数で言いますと二カ所ずつ、マイルドセブン、アメリカのたばこ、こういうことでそれぞれ出しておりまして、消費をあおるという形になっておる。さらに広告の規制ですと、三浦友和というのは少年のいわゆるアイドルではないんでしょうか。厚生大臣どうでしょう。

○国務大臣(森下元晴君) アイドルだと思います。

○片山甚市君 そうすると、これは「俺の赤」ということで、三浦友和の写真があって、これ吸っとるわけです。アイドルについては御承知のように広告の対象にしてはいかぬと、こうなっておるんです。青少年のアイドルである場合にはしちゃいかぬと書いてありますが、これは専売公社どういうふうにお考えですか。

○説明員(泉美之松君) 御存じのように、三浦友和はすでに結婚いたしておりまして、青少年のアイドルは卒業いたしております。

○片山甚市君 結婚をすればアイドルでないなどというのはそれはこじつけで、若い者はいかす男として、やはり山口百恵の亭主としては大変魅力的であります。あのようになりたいと思っている。そういうこじつけるところに泉総裁の言われる言葉の中にペテン的な隠し事があると思います。こういうことで、これも「現代」でこういうふうに出しておるということであります。

参議院会議録情報
第096回国会 予算委員会 第14号
昭和五十七年三月二十五日(木曜日)午前十時四分開会


1 2 3 4 5